眼科

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2016年4月1日 更新

眼科の紹介

 眼科では眼球やまぶたなどに関連する病気の診断や治療を行います。目が赤い、かゆいゴロゴロする、目がかすむ、虫のようなものが見える、視野にかげがある、直線がまがって見える、見ようするところが見えないなどの症状があれば受診してください。
 また、物が2つに見える、まぶたが下がるなどの症状があれば頭蓋内や全身疾患の一部の症状の可能性もあります。まずは、眼科を受診してください。

受診される際の注意点

 眼底病変が疑われる時には、散瞳剤(瞳をひろげる薬)を点眼してから眼底検査を行います。3~5時間くらいの間、瞳が大きく開き眩しくて近くが見えにくくなります。できるだけ、自動車を運転しての来院はさけてください。サングラスをお持ちの方は持参されることをお勧めします。

スタッフの紹介

        

写真なし

石村 良嗣

部長

 

外来表

 

曜日
午前・午後 石村 石村
(午前のみ)
石村 石村
(午前のみ)
石村
                                     
 

ページトップに戻る

平成26年度_眼科年報

ページトップに戻る