出産をお考えの方へ

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年7月7日 更新

トピックス

3階西病棟が新しくなりました!

新生児室新生児室

 このたび、病棟が一部リニューアルしました。
 より快適に過ごしていただけるよう、2床室、新生児室も新設しました。

産後2週間健診開始

 当院で出産された母子を対象に、産後2週間健診(下関市産後ママのあんしん相談)を開始しました。

午後外来の開始

 平成28年12月から、当院で妊婦健診を受けている方※)に限り、14時まで外来診察を行っています。
 前日までに電話連絡で外来診察の予約をして頂きます。月曜日~金曜日の14時まで受診が可能ですが、状況により外来診察ができない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
 ※)妊婦健診を受けている方には、当院でお産をされる方、里帰り分娩予定の方が含まれます。

ページトップに戻る

母親学級・両親学級

 当院では、母親学級・両親学級を開催しています。どちらも少人数で参加しやすい雰囲気です。
 母親学級では、妊娠や出産について学び、元気な赤ちゃんを迎えられるように準備ができます。
 両親学級では、ご夫婦(お子様も参加可能)で参加して頂き、出産や沐浴について学んだり、パパに妊婦体験を通してママの気持ちを感じてもらったり、毎回好評の開催となっております。
 「イクメン」を目指しているパパは是非ご参加下さい。
 

母親学級

対象妊婦 前期:妊娠16~24週
後期:妊娠32~36週
日 時 前期:奇数月 第2火曜日 13:30~15:00
後期:毎  月 第3火曜日 13:30~15:00
内 容 前期:妊娠の生理、妊娠中の栄養、生活指導、病棟案内
後期:分娩の準備と経過、補助動作、ビデオ(病棟案内)
集合場所 産婦人科外来
必要物品 母子健康手帳・母親学級テキスト・筆記用具
講 師 前期:助産師、栄養士
後期:助産師
費 用 無料
備 考 予約制ですので、対象週数になったら産婦人科外来受付にてお申し込み下さい。

両親学級

対 象 妊娠中の全カップル
日 時 1月、5月、9月(4ヶ月に一度) 第4土曜日 10:00~12:00
内 容 分娩の経過・呼吸法・補助動作、ビデオ、妊婦体験、沐浴実習、施設見学(希望者)
集合場所 救急センター前(場所は状況により変わりますので、当日担当スタッフがご案内します)
必要物品 母子健康手帳、母親学級テキスト
講 師 助産師
費 用 無料
備 考 予約制ですので、産婦人科外来受付にてお申し込み下さい。
動きやすい服装でお越し下さい。


 

妊婦体験
妊婦体験

沐浴実習
沐浴実習

講 義
講 義

ページトップに戻る

産後2週間健診・産後1ヶ月健診・母乳外来

産後2週間健診

 当院で出産された母子を対象に、産後2週間健診(下関市産後ママのあんしん相談)を開始しました。
 産婦人科外来で産婦人科医師の診察、小児科医師による児の診察、そして助産師による育児や母乳の相談等を行っています。
 出産後は初めての育児や児の成長発達、産後の身体の回復等、様々なことに不安を抱えやすい時期であるため、2週間健診を通して母子の様々な不安に対応しています。必要時には助産師による母乳マッサージも行っています。また児の体重増加不良や乳房のトラブルが見られた場合には、母乳外来にて継続的に支援しています。

【下関市産後ママのあんしん相談】

利用できる方 下関市に住民票のある方
利用場所 ご出産された市内医療機関
(医療機関により開始時期が異なる場合があります。)
相談内容 授乳や育児、児の発達、母の体調等
時期・回数 産後2~3週間頃までに1回
利用料 無料

※下関市外の方も、産後2週間健診を受けられます。
 (但し、自治体の補助がない場合が多いため、原則自己負担となります。詳しくは、お住まいの市町村担当窓口へお尋ねください。)

産後1ヶ月健診

 当院で出産された母子を対象として、産後1ヶ月までは当院で産後1ヶ月健診を行い、出産後の身体の回復や児の成長発達等様々なご相談に対応しています。

母乳外来

 当院では、母乳育児で困っている方や乳腺炎などの緊急時に対応できるように、母乳外来を開設しています。原則当院でご出産された方が対象ですが、緊急時には対応可能ですのでご相談下さい。
 おっぱいをあげても泣き止まない…寝てくれない、母乳だけで足りているか不安、ミルクをどれだけあげていいのかわからない等、様々なご相談にのっています。
 母乳外来受診時は授乳の状態を診ますので、赤ちゃんと一緒にお越し下さい。
 

時 間 14:00~16:00
場 所 産婦人科外来
3階西病棟
費 用 1回1,080円(マッサージ代のみ)+受診料/30分~1時間程度
お問い合わせ先 083-231-4111(代表)
083-224-3322(3階西病棟 産科直通)

ページトップに戻る

分娩について

分娩費用

※平成29年7月現在での分娩料金は下記の通りとなっております。
 

分娩料金及び
入院期間
初産婦及び経産婦
出産育児一時金の範囲内で通常はおさまりますが、状況によっては超過する場合もあります。

分娩料金(1児あたりの金額)
 ・診療時間内:141,000円
 ・診療時間外:151,000円
 ・休診日または休診日以外の日の午後10時~翌日の午前5時までの間:161,000円
 個室利用(1日4,320円)
 入院日数により費用は異なります。
 (原則初産婦・経産婦ともに出産当日を0日とし翌日を1日目と数え、5日間の入院です。)
別途料金が
発生するもの
入院費、レンタルパジャマ代、新生児レンタル肌着代、おむつ代、お産セット、室料差額、出産証明書等文書料、新生児聴覚検査料金等(希望者のみ)が必要となります。
(別途発生する検査、処置料等の保険診療分)


 当院にはアドバンス助産師がいるため、安全にそして安心して出産をお手伝いすることができます。
 アドバンス助産師とは、正常な経過をたどるお産については責任を持って助産を行える助産師のことを指します。2015年8月より、助産師の実践的な能力を認証する制度が開始となり、当院には認証を受けている助産師が8名います。

病室紹介

 個室を設けていますので、ご希望の方は入院の際に申し出て下さい。
 個室は数に限りがあり、状況によっては空き次第のご案内になる場合がありますのでご了承下さい。

 個室:3床 有料 4,320円/日
  ※料金は0時を超えると1日分の料金が発生します。
      テレビ、床頭台(冷蔵庫付き)、トイレ、洗面台が設置してあります。


 2床室:無料
 

 4床室:無料


 新生児室
 

個室
個室

2床室
2床室

新生児室
新生児室

受診のタイミング

下記の症状がある時には入院の可能性があるため、当院へ連絡し受診して下さい。

37週以降(正期産):
規則的な陣痛が来た時(初産婦10分以内、経産婦20分以内)
破水した時(シャワーには入らず、清潔なナプキンを当てる)
その他 : 激しいお腹の痛み、出血が多い時、1時間以上胎動を感じないまたは胎動が少ない時

37週以前(早産の時期):
激しいお腹の痛み、出血が多い時、1時間以上胎動を感じないまたは胎動が少ない時、破水感がある時、頻回にお腹が張る時
 
<病院への連絡方法>
平日 午前8時30分~午後5時00分までの場合:083-231-4111(代表)→産婦人科外来へ
土・日・祝日、上記以外の時間帯の場合:083-224-3322(3階西病棟 産科直通)
※病院へは必ずご本人が連絡するようにして下さい。
 
<入院方法>
平日昼間の場合
1階入院窓口で手続きをします。
土・日・祝日、夜間の場合
1階救急入り口の守衛室で手続きをします。
 
<入院から出産まで>
(1)診察を行い、入院を決定します。
(2)病室または陣痛室で過ごし、お産が近づいたら分娩室へ移動します。
(3)出産
※希望により、ご家族やお子様の立ち合いも可能です。
(4)出産後2時間は分娩室で過ごし、問題がなければ病室へ移動します。
 

入院物品

お産セットお産セット

入院時に、必要な基本的なセットが入っているお産セットをお渡ししています。

お産セット : 2,571円
<お産セットの内容>
分娩用ナプキンセット1組、ナプキンM 1パック、産褥用ショーツ1枚、清浄綿1箱、母乳パット5枚、T字帯1枚、おしり拭き2個、防水シーツ1枚
 
OBリネンセット : 2,262円
<OBリネンセットの内容>
分娩時に必要なセットが入っています。



<ご自身で準備いただくもの>

入院手続きに必要なもの 入院申込書兼誓約書
母子健康手帳
診察券
その他外来で渡された書類
お母さん用 分娩直後の着替え用の服(前開きで膝丈程度のもの)
パジャマ、スリッパ、授乳用ブラジャー、母乳パット、産褥用ショーツ、生理用ナプキン、バスタオル、タオル、洗面用具一式、ティッシュペーパー、時計、イヤホン、ストロー等
赤ちゃん用 <入院中>
長方形のバスタオル:2枚程度
ガーゼハンカチ:5枚程度
赤ちゃん用おしり拭き
※入院中は赤ちゃんの肌着は全てレンタルです。
 おむつは入院中は当院の物を使用して頂いています。
<退院時>
着物一式:肌着、ベビー服等
おくるみ(必要時)
 

 

里帰り分娩をお考えの方へ

 当院で出産をお考えの方は、妊娠初期~中期の間で一度分娩予約を取りに産婦人科外来へ受診して下さい。
 妊娠32~34週頃までに帰省して下さい。
 ※現在通院されている病院で早期に帰省を勧められた場合は、早めに受診して下さい。
 例:切迫早産、骨盤位、前置胎盤、帝王切開を受けたことがある等…
 
 帰省後、電話連絡で当院の産婦人科外来(083-231-4111)の予約を取り、受診して下さい。その際に必ず紹介状と血液検査データ、子宮がん検診等の検査結果を持参して下さい。
 

産後の食事紹介

 当院では、ご出産されたお母様方に出産のお祝いとして、入院中に一度お祝い膳を提供しております。管理栄養士が産後に美味しく召し上がって頂けるようにお祝い膳のメニューを考えています。


 栄養管理部のページは、こちらからご覧ください。

ページトップに戻る

よくあるご質問 & 最近のニュース!

よくあるご質問

Q:立ち会い出産について
A:当院では、新しい生命を迎えられるように立ち会い出産を行っております。立ち会いは妊婦さんのご希望に添って、家族から友人まで幅広く立ち会うことができます。立ち会いをされる方に発熱・嘔吐・下痢等の感染が疑われる症状がある場合は、立ち会いをお断りさせていただくこともありますので、スタッフへご相談下さい。また上のお子さんが立ち会われる場合は、必ず上のお子さんの面倒を見る大人の付き添いが必要となります。
 
Q:家族は泊まれますか?
A:出産後の宿泊はできませんので、午後1時から8時までの面会時間のみでの面会をお願いします。
出産を控えている妊婦さんのご家族またはご友人は、夜間の付き添いは可能です。上のお子さんがいらっしゃる方は一緒に過ごしていただくこともできますが、妊婦さん以外で必ずお子さんの面倒を見る家族の方の付き添いが必要となります。
 

ページトップに戻る