認定ナースの部屋

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年9月11日 更新

 現在、10名の認定看護師が院内外での活動をしています。

認定看護師について

認定看護師とは

 認定看護師は、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有している看護師のことです。

当院の認定看護師の状況

 平成28年度、新たに、集中ケア認定看護師1名と、当院2人目となる感染管理認定看護師が誕生しました!
 摂食・嚥下障害看護1名、皮膚・排泄ケア1名、感染管理2名、がん化学療法看護2名、緩和ケア2名、認知症看護1名、集中ケア1名の7分野、計10名の認定看護師がいます。  日々、指導・実践・相談を行い、院内外での活動をしています。認定看護師会を毎月1度行い、各分野の活動報告や相談などを行っています。また、「認定だより」を発行し、認定看護師の活動など紹介しています。  私たちは、少しでもお役に立ちたいと思い、各々活動しています。いつでもお気軽に何でもご相談をお待ちしています。

ページトップに戻る

認定看護師からのメッセージ

摂食・嚥下障害看護認定看護師 高橋理恵
 経口からどうしたら食事が摂取できるのか悩み、認定看護師を目指しました。食事ができる様になった時の「おいしい」と言いながら見せてくれる笑顔を楽しみに活動しています。一人でも多くの患者さまが、少しでも経口摂取できるよう頑張っています。
皮膚・排泄ケア認定看護師 藤重淳子
 人工肛門に対する適切なケア、床ずれや傷の管理、失禁のケアを提案します。困っている方々が少しでも快適に生活できるよう努めています。
感染管理認定看護師 浅野郁代
 感染管理分野は、感染症の伝播防止、具体的な感染対策、職業感染防止など、みなさまの身近なところで関わっています。患者さまや患者さまのご家族、お見舞いの方々、医療従事者など病院に関わるすべての人々の安全を守るために活動しています。
感染管理認定看護師 又賀明子
 平成28年に感染管理認定看護師資格を取得しました。患者さまやそのご家族、病院職員が安心して過ごせる医療環境を提供できることを目標に、日々取り組んでいきます。また、助産師という立場を活かして、産科や小児の感染予防対策が行えるように努めていきたいです。
がん化学療法看護認定看護師 平田雅子
 がん化学療法看護認定看護師の役割は、化学療法を行う患者さまが治療を納得して、そして安全・安楽に少しでも苦痛を少なく治療を受けられるようサポートすることです。また、治療を継続していく中で、さまざまな場面で悩まれることもあると思います。
 がん治療はご家族も含めてのケアが必要であり、その場面でも寄り添い一緒に考えることもできることをお伝えし、その役割が重要であるとも考えています。
がん化学療法看護認定看護師 上野妙子
 私は外来化学療法室で、患者さまが社会生活を送りながら安心して快適に化学療法を受けることができるよう、看護スタッフや他職種の方々と連携し、支援しています。また、治療や副作用など化学療法に関するご相談に応じ、患者さまとともに解決していきたいと考えています。
緩和ケア認定看護師 和田恵子
 化学療法や放射線療法を受けている病期の段階においても、がん性疼痛や、他の症状コントロールのために、緩和ケアが必要な場合が多くなってきています。
 患者さまや、ご家族の方々お一人お一人の気持ちに寄り添い、その人がその人らしく、またご家族の方とも大切な時間を過ごせるよう関わっていきたいと思っています。
緩和ケア認定看護師 長倉博絵
 緩和ケアはがんと診断された時から必要なケアです。がんと診断され、痛みや苦しみ、つらい思いをされている方の少しでもお役に立ちたいと思っています。痛みやつらい気持ちは人それぞれ違います。それぞれのつらさを知り、自分らしく生きていくためにはどうすれば良いかを患者さまや、ご家族の方と一緒に考えていきます。。
認知症看護認定看護師 林 邦厚
 認知症になると、新しい物事を記憶しにくく、思い出すことも不得意となります。認知症の人にとって、入院による環境の急激な変化、病院で治療を受ける非日常は、大きなストレスとなります。
 認知症の人が安心して治療が受けられ、家族まで支えられる看護を目指したいと考えます。
集中ケア認定看護師 保村宏樹
 医療は高度化し、重症患者さまの救命率は向上しています。しかし、救命に成功をしてもPICS(集中治療後症候群)により苦しむ患者さまが多くいるというデータがあります。PICSにより苦しむ患者さまが一人でも少なくなるよう、早期からの介入に取り組んでいきたいと考えています。




 

ページトップに戻る

認定看護師だより

 当院の認定看護師から、地域の皆さまへ、日常の中で役に立つ情報や、メッセージをお伝えする「そうっちゃ!」を発行しています。

 ※「そうっちゃ」とは…
   下関市周辺の方言で「そうだよ!」という意味です。

そうっちゃ!Vol.25(PDFファイル)2017年9月発行

「そうっちゃ!」バックナンバー

ページトップに戻る

業績集

業績集(論文)

年月 タイトル 著者 雑誌
2015.01 6施設における個人防護具の使用および手指衛生の現状 浅野郁代
國弘健二
村中美加
三村由佳
坪根淑恵
刀禰美津子
二井洋子
吉田順一
日本環境感染学会誌
30巻Suppl.Page450
2014.04 壊死性筋膜炎による腋窩部の創管理
~V.A.C療法にメピテル®ワンを併用した経験
藤重淳子 日本創傷・オストミー・
失禁管理学会誌
18巻2号.Page197
2014.01 6施設における個人防護具の使用および手指衛生の現状 浅野郁代
國弘健二
村中美加
三村由佳
加藤由紀恵
坪根淑恵
刀禰美津子
二井洋子
吉田順一
日本環境感染学会誌
29巻Suppl.Page517
2014.01 継続指導によりストーマ装具交換が自立した高齢者の考察 藤重淳子 日本ストーマ・
排泄リハビリテーション学会誌
30巻1号 Page97
2014.01 多職種で行う外来化学療法症例カンファレンスの現状と課題 上野妙子 日本がん看護学会誌
28巻Suppl.Page173
2013.11 外来における感染防止対策
トリアージから感染対策まで
浅野郁代 感染防止
23巻7号Page18-25
2013.01 未成年の子供を持つ進行大腸癌患者を支える看護
アギュララとメズィックの危機理論を用いた看護実践
上野妙子 日本がん看護学会誌
27巻Suppl.Page242

ページトップに戻る