看護部長あいさつ

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年8月22日 更新

看護部長あいさつ

看護部長 坂本 由紀子

 看護部では「病院の理念に従い、心のこもった安全で質の高い看護を提供します」を理念としています。
 患者さまから信頼される看護を提供するためには、私たち一人ひとりが、患者さまやご家族の立場に立って思いやりの気持ちを大切にすること、また常に自己研鑽し、提供する看護に反映することなどが大事であり、日々努力しているところです。

 現在、下関市は高齢化率34%に近づこうとしています。それを反映して高齢者世帯や独居の方の入院も多くなっており、退院後の生活環境が変化することも少なくありません。
 院内だけでなく院外の多職種の方々とも連携し、少しでも早い回復、在宅復帰に向けて療養生活を送っていただけるよう、患者さまやご家族を支援していきたいと思います。

 教育においては、新人看護師への教育システムをもとに、1年間毎月集合研修を行っています。これは、採用後の不安を少しでも軽減し、いち早く適応していただくためのものです。しかし、「不安を軽減し、いち早く適応していただく」という目的は、新人看護師(新卒・既卒を問わず)のみならず中途採用者についても同様です。子育てをしながらも再就職を目指される方、しばらくブランクのあった方など、どのような状況であっても、自分の目標を目指して挑戦される方を看護部全員でサポートします。

 私たちと一緒に働いていただける方、お待ちしています。

ページトップに戻る