泌尿器科

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年5月10日 更新

泌尿器科の紹介

 泌尿器科:腎・副腎・尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)・前立腺・精巣の疾患を診断・治療します。特に前立腺癌の早期発見に重点を置いています。

 泌尿器科は尿が出にくい(排尿困難)・尿がもれる(尿失禁)・間に合わないなどの排尿障害(前立腺肥大症、過活動膀胱など)、PSA検診の普及により最近増加の著しい前立腺癌をはじめとする泌尿器癌(ほかには腎癌、血尿で発見されることが多い腎盂尿管および膀胱癌、青年期に多い精巣腫瘍など)、激しい腹痛や腰背部痛を伴う尿路結石、排尿時に痛みを伴う膀胱炎を代表とする尿路感染症、尿路や生殖器の外傷などと幅広い領域に対応しています。
 当院は、日本泌尿器科学会専門医教育施設のうち基幹教育施設(泌尿器科標準手術件数が年間80件以上ほかの条件を満たす)としての認定を受け、常勤医師2名で診療を行っています。2016年の手術件数は87件でした。当科では前立腺癌の早期発見を重点目標として掲げており、2007年度より12ヶ所の経直腸的前立腺針生検を開始し、2016年には62件の前立腺生検で37例(60%)に前立腺癌を発見しました。

受診される際の注意点

 尿検査を行うため、少し尿がたまった状態で受診して下さい。

スタッフの紹介

吉弘 悟

吉弘 悟

部長

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科学会西日本支部評議員

【所属学会等】
日本泌尿器内視鏡学会、日本癌治療学会、国際泌尿器科学会、山口大学医学部臨床講師(平成20年~)、医学博士(平成4年山口大学大学院医学研究科修了)、膀胱機能障害指定医

松隈 悠

松隈 悠

医師

日本泌尿器科学会、西日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本泌尿器腫瘍学会

外来表

 
初診 吉弘 松隈 吉弘 松隈 吉弘
再診(予約のみ) 松隈 吉弘 松隈 吉弘 松隈

ページトップに戻る

主な対象疾患

 当科では前立腺癌の早期発見に重点を置き、2004年度より系統的6ヵ所生検(2007年度より12ヵ所)を採用し、年間30例以上の前立腺癌症例が発見されるようになり、根治手術症例も徐々に増加しています。前立腺癌にはPSAという有用な腫瘍マーカーがあり、PSAが上昇しない前立腺癌を除いて、PSA検査により80~90%の癌が診断できます。

前立腺癌の画像

 CT検査では不明瞭な癌の病巣もMRI検査では描出が可能です。

ページトップに戻る

実績集

泌尿器科年報

ページトップに戻る

研修環境

 当院は日本泌尿器科学会専門医教育施設です。

ページトップに戻る