感染管理室

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2016年11月21日 更新

 感染管理室のページです。

感染管理室とは

 当院の感染管理を組織横断的に推進するため、感染管理委員会の活動を行っていました。
 さらに、平成24年4月1日から感染管理室を設置しています。

主な役割

  1. 患者様の感染症の伝播を防ぐ
  2. 職員の感染症の発生を防ぐ
  3. 感染対策マニュアルを策定・更新する
  4. 病棟ラウンド(回診)を行い、現場の監視を行う
  5. 地域の医療機関と感染管理を連携する
  6. 感染症サーベイランス(監視)を行い、アウトブレイク(感染症多発)の早期発見と迅速介入を行う
  7. 諸学会(日本環境感染学会、日本感染症学会、日本外科感染症学会)の病院認定を維持・更新する。また、各部門の職員の感染管理に関する資格を維持・拡大する
  8. 感染症法のII種感染症指定施設として法律を遵守する

基本理念・基本方針

基本理念
 「備えよ常に」
基本方針
  • 院内の安全文化の一環として感染管理を行う
  • 患者様と職員の感染管理により相互の感染防止を行う
  • 報告・連絡・相談(ホウレンソウ)にてコミュニケーションを密とする 

スタッフ紹介

吉田 順一

吉田 順一

 副院長・感染管理室長

【専門医・資格等】
呼吸器外科専門医
消化器外科専門医
感染症専門医・指導医
抗菌化学療法指導医
米国外科学会フェロー(FACS)
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
厚生労働省福岡検疫所門司検疫所支所医師
下関市感染症審査協議会委員
下関市医師会理事
 

原田 由紀子

原田 由紀子

 医師

【専門医等】
日本内科学会認定医、日本感染症学会専門医、ICD
日本化学療法学会認定医、日本渡航医学会認定医

担当看護師

感染管理認定看護師 浅野郁代

ページトップに戻る

渡航外来について

 2014年6月より、海外旅行、海外勤務などで海外に渡航される方を対象にした渡航外来を開設しています。
 渡航先の感染症情報の提供や、ワクチン接種などを行います。