消化器内科

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年4月10日 更新

消化器内科の紹介

 消化器疾患のうち消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)の疾患を中心に診療を担当しています。腹痛、下痢、便秘、血便などの消化器症状に対して、腹部エコー、CT検査などの放射線検査や内視鏡検査などを駆使し、迅速かつ正確な診断を行い、治療にあたっています。集学的な治療が必要な場合には他科と連携しながら診療しており、外科・放射線科との合同カンファレンスを週一回行っています。
 
 当科では早期に発見された食道がん、胃がん、大腸がんに対しては体への負担が軽い内視鏡治療を行っています。消化器がんは無症状のことが多く、早期発見・治療のためにも、定期的な内視鏡検査をお勧めします。
 
 胃・十二指腸潰瘍、早期胃がん内視鏡治療後、慢性胃炎(萎縮性胃炎)などに対するヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療も積極的に行っています。ただし、保険診療が認められない場合もありますのでご不明な点は医師にご相談下さい。
 
 また潰瘍性大腸炎、クローン病に対しては、病状に応じてステロイド、免疫調整剤や白血球除去療法、抗TNFα抗体製剤などを適宜使用し治療を行い、良好な成績をあげています。
 
 尚、肝臓疾患(ウイルス性肝炎、肝硬変など)に関して現在は肝臓専門医が不在のため、必要に応じて、他院の肝臓専門医との病診連携での診療に努めています。

専門分野・診療の特色

  • 早期食道がん、胃がんに対しての内視鏡的治療(内視鏡的粘膜下層剥離術)
  • 胃・大腸ポリープ、早期大腸がんに対しての内視鏡的治療(内視鏡的ポリープ切除、内視鏡的粘膜切除)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断、治療
  • 胃・十二指腸潰瘍に対する治療(ヘリコバクターピロリ除菌治療など)
  • 消化管出血に対しての内視鏡的止血術
  • 胃瘻造設・交換(経皮内視鏡的胃瘻造設術など)

内視鏡的消化管止血術


上部消化管出血


止血術後

検査について

 午前中に朝食を絶食で来院された方は、当日中に上部消化管内視鏡検査や腹部エコー検査などを行うことが可能です。ただし、急患や予約状況によっては待ち時間などが変動しますのでご了承下さい。
 大腸内視鏡検査は検査当日の朝から腸管洗浄剤を服用していただくため、予約制の検査となっています。当院では検査時に大きな大腸ポリープが見つかった際には、そのまま内視鏡的治療を行うことが可能です。まずは当科を受診していただき、医師に検査についてご相談下さい。

スタッフ紹介

具嶋 正樹

具嶋 正樹

医長

【所属学会・専門医・資格など】
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
医学博士

山口 敢

山口 敢

医長

【所属学会・専門医・資格など】
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

村田 征喜

村田 征喜

医師

【所属学会・専門医・資格など】
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

外来表

曜日 月 
消化器内科 具嶋、村田   山口 具嶋 山口 村田
消化管内視鏡 山口 具嶋、村田 山口 具嶋、村田 具嶋
胃透視 具嶋 村田 山口

ページトップに戻る

診療実績

検査件数、手術数

検査・手術等 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
上部消化管内視鏡検査 2,829件 3,060件 3,061件 2,988件
大腸内視鏡検査 929件 965件 1,038件 1,011件
上部消化管内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 食道2件
胃17件  
食道5件
胃30件
食道5件
胃30件
食道2件
胃19件
上部消化管内視鏡的粘膜切除術・ポリープ切除術 2件 5件 7件 3件
下部消化管内視鏡的粘膜切除術・ポリープ切除術 115件 143件 194件 190件
内視鏡的消化管止血術 99件 94件 91件 97件
内視鏡的バルーン拡張術 17件 12件 14件 5件
内視鏡的ステンド挿入術 2件 4件 5件 4件
内視鏡的異物摘出術 14件 8件 12件 14件
胃瘻造設・交換 17件 33件 29件 32件

 

胃がんに対する粘膜下層剥離術(ESD)



  通常内視鏡


 NBI併用内視鏡(矢印ががんの範囲)

 
  ESD中


 ESD後


切除標本

ページトップに戻る

消化器内科年報