小児外科

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2017年4月12日 更新

小児外科の紹介

 小児外科は、一部オーバーラップするところもありますが、整形外科・脳外科・耳鼻科・眼科を除く小児の外科的疾患を扱う科です。対象は新生児から中学生までです。疾患は、鼠径ヘルニア、虫垂炎が約半数を占めます。
 手術に関しては主に九州大学病院小児外科と連携して行いますが、一般外科医や泌尿器科医と一緒に行うこともあります。最近では鼠径ヘルニアの手術に対してはPotts法だけでなく、女児に対して腹腔鏡下手術も行っています。

スタッフの紹介

福原 雅弘

福原 雅弘

医師

 

【所属学会等】
日本外科学会
日本小児外科学会
日本内視鏡外科学会
日本周産期・新生児医学会
日本小児血液・がん学会

外来表

曜日
午前・午後 福原
(要相談)
福原
九大派遣医師
  • 受診される際の注意点:母子手帳を持参してください。

ページトップに戻る

主な対象疾患

紹介する疾患

鼠径ヘルニア

手術法

Potts 法、ヘルニア嚢の単純高位結紮
下腹部の皺に沿った約2cmの皮膚切開 ヘルニア嚢の高位二重結紮 遠位側ヘルニアの切開(閉創は吸収糸による埋没縫合)

 

ページトップに戻る

研修環境

科の研修環境

外科専門医を取得するための小児外科手術症例数の獲得は可能

科の施設基準

なし
※日本小児外科学会認定施設である九州大学病院、北九州医療センターと一部タイアップして行っている

ページトップに戻る

業績集

小児外科年報

ページトップに戻る