文字サイズ変更
配色変更
  • 電話番号
  • 受付時間
    午前8時30分~午前11時
  • 診療時間
    午前9時~
  • 休診日
    土・日・祝日 年末年始 12月29日~1月3日
  • 面会時間
    午後1時~午後8時
  • 救急の場合はお電話にてお問い合わせください。

病理検査

診療科・部門
2019年12月20日 更新

病理検査の役割は、身体より切り離された臓器、もしくは検体より「顕微鏡で観察できる標本を作製(検査技師が行う)」し、「(最終)診断(医師が行う)」することです。

病理検査における患者さまの流れ

通常、何か症状があって病院にかかった場合、まず原因を調べるために色々な検査をします。症状によってがんが疑われた場合でも、いきなりメスなどを使って体に傷を付ける訳にはいきません。そこで、細胞診検査などでまず篩い分けて、その結果疑いが強くなったら次の組織診等へ進み、場合によっては病変を切除することになります。

病理検査の業務

病理検査は、大きく分けて以下の3つの仕事をしています。 当院では、これらすべての病理検査を臨床と協力して、院内で行っています。

組織検査

生検や手術で摘出された検体を、ホルマリン固定後、薄く切って、色を染め、顕微鏡を使って、観察・診断します。 また、手術前に診断がつかなかった、切除範囲を決めたい場合に、手術中に「術中迅速検査」が行われます。
当院では、免疫染色装置 ベンチマークXT(ロシュ・ダイアグノスティックス社製)を導入し、より正確な診断ができるように努めています。また、この装置を使って、乳がんや胃がんの治療の選択に必要な「HER2検査」「エストロゲン検査」「プロゲステロン検査」を院内で実施しています。

  • 免疫染色装置
  • 標本染色装置
  • 術中迅速装置

細胞診検査

喀痰にあった肺がん細胞

がんができた部位によっては、喀痰や尿・胸やお腹に溜まった水(胸水、腹水)にがん細胞が剥がれてきます。また、婦人科検診ではブラシなどで、乳がん検診では針を刺して、病変部から細胞を取ってきて着色してから顕微鏡で観察し、がん細胞がないかを観察します。

病理解剖

解剖といわれるものには、(1)司法解剖 (2)行政解剖 (3)病理解剖 の3種類があります。
(1)(2)は、何か事件や不審死などの場合に行われ、通常は、大学の法医学教室や警察関係で実施されます。
病院では(3)が行われ、通常病気で亡くなられた方を対象に、患者さまの家族の承諾の下実施します。

  • 電話番号
  • 受付時間
    午前8時30分~午前11時
  • 診療時間
    午前9時~
  • 休診日
    土・日・祝日 年末年始 12月29日~1月3日
  • 面会時間
    午後1時~午後8時
  • 救急の場合はお電話にてお問い合わせください。