がん診療の取り組み

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2016年3月3日 更新

 当院は、専門的ながん診療の実施や、地域の医療機関と連携した医療の提供を行う下関保健医療圏の中心的役割を担う病院として、平成18年8月から平成27年3月まで「地域がん診療拠点病院」として役割を果たしてきました。

がん診療の取り組み

診療体制

  • 集学的治療の実施:手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を組み合わせた治療の実施
  • 診療ガイドラインに準ずる標準的治療の提供
  • 適切な化学療法(抗がん剤治療)の実施
  • 緩和ケアの提供
  • 地域の医療機関への診療支援や連携

情報の収集提供体制

  • がん患者、家族、医療機関等が相談できる医療相談室の設置
  • 地域のがん医療の連携協力体制の情報の収集・提供
  • セカンドオピニオンに関する相談
  • がん患者の療養上の相談

院内がん登録

 国の定める「標準登録様式」に基づき、がん疾患患者の診断・治療内容のデータ登録を行っており、国立がんセンターがん対策情報センターに当該データの集計結果を情報提供しております。また、院内がん登録のデータを活用することにより、山口県が行っている「地域がん登録事業」にも協力しています。

平成23年度院内がん登録実績

ページトップに戻る

がんの情報

各種がんの解説
 各種のがんについて、がんが疑われたときから治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報がわかりやすく解説されているページです。
 ※国立がん研究センター「がん情報サービス」ホームページへリンクします。

ページトップに戻る

がん地域連携パス

 がん地域連携クリニカルパス(がん地域連携パス)とは、当院とかかりつけ医が共同でがん診療を行うための治療計画のことです。
 当院は、がん地域連携パスを用いてかかりつけ医と共同でがんの診療を行います。

ページトップに戻る

緩和ケアチーム

 悪性腫瘍による痛みや、その他のいろいろな症状に苦しむ患者様やご家族に対し、それらの症状を緩和できるよう支援を行っていく専門家チームです。
 疼痛などの諸症状への対応 やインフォームド・コンセント後のサポート、 また、ご家族のサポート、療養先についての情報提供と連携等について専門的なご支援をいたします。
 緩和ケア医療専門チームへのお問い合わせは、主治医、緩和ケア担当看護師、病棟師長へお尋ねください。

ページトップに戻る

医療相談室

 当院では、患者さまやそのご家族はもとより、当院にかかっておられない方でも、皆様からのがんに関する疑問や不安、悩みに広く対応するために「医療相談室」を設置しています。  相談員がお話をうかがい、一緒に考え解決に向けてサポートいたします。

ページトップに戻る