当院を外来受診される方へ

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2018年12月28日 更新

診療受付時間、受診方法などの外来受診についてのご案内です。

初めて受診される方へ

当院での診療が初めての方は、他の病院・診療所からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。紹介状をお持ちでない場合は、診療費とは別に「選定療養費」をご負担いただきます。

当院での診療が初めてとは・・・

  1. 初めて当院を受診される方(但し、医科と歯科は別施設扱いとなります)
  2. 直近約1年間において、当院で受診がない。または、傷病が軽快しており継続して当院に受診をしていない方

ページトップに戻る

診療受付時間

外来受付時間

月曜日~金曜日 午前8時30分から午前11時まで

 診療時間

午前9時00分から

休診日

土・日曜日、祝日、年末年始
 

  • 救急の患者さまの場合は、常時受け付けますが、診療時間外はあらかじめ電話でご連絡いただきますようお願いします。
  • 連絡先 ☎(083)231-4111(代表)

ページトップに戻る

外来診療の流れ

外来診療の流れ

1 受付

下関市立市民病院での診療が初めての方
  1. 1階受付に設置してある「診療申込書」に必要事項をご記入ください。
  2. 「診療申込書」に「保険証」を添えて、「新患受付窓口(3番)」にお出しください。

※保険証等のご提示がない場合は、自費の計算となります。また、次の事由による診療は、原則として健康保険が適用されませんので、受付窓口にその旨を申し出てください。

  1. 交通事故
  2. お仕事中のけが(通勤中のけがを含む)
  3. 第三者によるけが(健康保険証利用の場合は、事前に保険者への手続きが必要です)
  4. 自傷行為
  5. 健康診断を目的とした受診
診療予約がある方
  • 1階にある「予約患者様専用受付機」にて受付をしてください。受付番号が記載された「受付票」が出てきます。
診療予約がない方、診察券を忘れた・紛失・破損された方
  • 1階の「再来受付窓口(2番)」へお越しください。

 ※診察券(カード)の再発行には、手数料がかかります。紛失等されないように大切に保管をお願いいたします。

2 診察・検査

  1. 「受付票」を各診療科の窓口へ提示してください。提示された「受付票」はお返しいたします。請求書のお渡し時まで大切にお持ちください。
  2. 診察の順番になりましたら、電光掲示板に受付番号が表示されますので、診察室へお入りください。
  3. 医師や看護師の指示に従って、診察や検査を受けてください。

3 外来基本票の提出

  1. 全ての診療が終了したら、1階「外来基本票窓口(1番)」に外来基本票をお出しください。
  2. 請求書をお渡ししますので、1階「計算書お渡し口(5番)」前でお待ちください。

4 計算書のお渡し・お支払い

  1. 請求書ができましたら電光掲示板に受付番号が表示されますので、「計算書お渡し口(5番)」で「受付票」を掲示の上、請求書(お薬の引換券、次回の予約券)をお受け取りください。院外処方の方は処方箋もお受け取りください。
  2. 「料金支払口(6番)」で請求書に医療費を添えて、お支払いください。

5 お薬のある方

院外処方の方

「ファックスカウンター(7番)」に処方箋をお出しください。ご希望の薬局にファックスいたします。お薬代は、各薬局でお支払いください。


院内処方の方

「薬お渡し口(8番)」頭上の電光掲示板にお薬の引換券番号が表示されたら、「薬のお渡し口(8番)」で引換券を提示され、薬をお受け取りください。

 
 

ページトップに戻る

病診連携について

病診連携とは

地域医療等において、核となる病院と地域内の診療所がおこなう連携のことです。
必要に応じ、患者さまを診療所から専門医や医療設備の充実した核となる病院に紹介し、高度な検査や治療を提供します。快方に向かった患者さまは、元の診療所で診療を継続します。
この仕組みを活用することで、地域医療における効率的な医療提供が実施され、医療費の削減をはかることもできます。

ページトップに戻る

セカンドオピニオン外来

セカンド・オピニオンとは

医療の分野では、患者さまが、検査や治療を受けるに当たって、よりよい決断をするため、主治医以外の医師に求めた「意見」や、「意見を求める行為」のことです。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者さま自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものです。

ページトップに戻る