外来化学療法

  • トップページへ戻る
  • 印刷用ページ

2016年2月25日 更新

 
 がん化学療法は、新規薬剤の開発やガイドラインの整備など、近年めざましい発展を遂げています。制吐剤やG-CSF製剤などの支持療法薬も進歩し、外来で社会生活を送りながら安全に治療を受けることができるようになりました。
 当院の外来化学療法は、患者様が安全に安心して最善の治療を受けられるよう、医師、看護師、薬剤師、MSW等の多職種が一丸となり、患者様の治療をサポートする体制を整えています。
 

化学療法センターの概要

  • 平成27年11月に、新館1階に移転しました。
  • テレビ付きリクライニングチェア4台と、ベッド8床(うち個室1床)を備えています。
  • 診察室1室と、待合室があります。
  • トイレは点滴をしながらでも入りやすいように、広いスペースを確保しています。

ページトップに戻る

スタッフ紹介

  • 当院は、日本臨床腫瘍学会認定研修施設であり、同学会暫定指導医2名が在籍しています。
  • 化学療法センターは、がん化学療法看護認定看護師1名を含む専任看護師3名と、がん薬物療法認定薬剤師1名、曜日別専任医師(実際の治療は主治医)で運営しています。
  • 毎朝、医師、看護師、薬剤師でショートミーティングを行い、当日外来化学療法予定の患者様の情報を共有し、アレルギー発生時にはすぐに対応できる体制としています。

ページトップに戻る

多職種外来化学療法カンファレンス

  • 毎週1回、多職種で外来化学療法カンファレンスを実施しています。
  • 最新のガイドラインやエビデンスをもとに、患者様に応じた最適なレジメンを検討し、治療方針等の情報共有や、有害事象に対する対処方法の検討等を行っています。

ページトップに戻る

がん化学療法委員会

  • 毎月1回、化学療法のレジメンの妥当性を評価し、承認する委員会を開催しています。
  • その他、化学療法に関するマニュアルの承認や、化学療法に関する問題点の検討を行い、患者様が安全に安心して治療を受けられる環境作りに取り組んでいます。

ページトップに戻る

テレビ番組に出演しました!

2016年1月16日放送の「北海道テレビ放送株式会社」の「医TV」
特集企画「医療のチカラ」がん薬物療法におけるチーム医療について考える(2)医師篇 に、当院が取り上げられました。
放送内容については、下記のURLよりご覧いただけます。

ぜひご覧下さい。
      http://www.htb.co.jp/med/160116.html
 

ページトップに戻る